自分で中古車を個人売買してみました。

中古車とはナンバー登録したものを指します。ほとんど走っていない新車同然のものから、地球から月までの距離である約38万キロよりも走ったものまで様々です。私が乗っていたジムニーという軽自動車はけっこう丈夫で、あちこちガタが来ていましたがそれでも22万キロ以上走っていました。しかしさすがに痛みがひどく、またオイルが燃焼することで定期的に補充する必要が生じるようになり、廃車するか迷うようになりました。

そんな中、「そのジムニーを買いたい!」という奇特な方が現れました。職場の車のメンテナンスをしてくださっている業者の方です。なんでも休日の時にこの車で釣りに行きたいとのこと。そしてほぼ同時に、友人からの連絡があって、車を乗り換えるから今乗っているプレオという軽自動車を乗らないか、と。本当に嬉しいタイミングでした。それで、個人売買をすることになりました。まず自分の車であるジムニーを業者の店に乗っていきます。17年乗ってきた車での最後のドライブです。業者の方と車の状態、車検証、点検記録簿、自賠責保険証、メインキーとスペアキーを確認します。そして2万円をいただきました。この金額はこれだけの年数と走行距離を走ったジムニーの相場ではまず出てこない金額でした。

 そして次にプレオを譲ってくださる方の元へ。ここでも車の状態、車検証、自賠責保険証などを確認しました。提示された金額は1万円でした。買い替えのためにディーラーに持っていったところ、引取額として3万円だったのでつまらないと感じた彼。結果、差し引き1万円のプラスで中古車を得ることができました。そしてその後、車検証と、自賠責の名義変更を自分で行ないました。

新車の納車時のチェック項目

新車の納車時のチェック項目としては、色々と自動車のディーラーなどであればそれぞれ漏れなく行う必要があり、オプションなどの部分に置いてもオーダー頂いた形式になっているかなどを目視で確認してもらう状況となります。その為まずは新車を納車する際の確認事項として、オーダー頂いた車の機能を説明する際に色々とチェックする部分も多く安全に運転する為にも、機能などの説明をしっかりと対応していく事が重要となります。まずは新車の納車を行う際に色々と操作など新たに加わった所もやはり説明をする事としてチェックしていく事が重要となります。

操作などの難しい所があったり、最新式の機能などで中々扱い方が判らない所があったりすると、そこでディーラーの方に質問をする事なども出来る為、色々と新車の納車の際に聞いて置きたい事も沢山あります。それぞれにチェック項目を設けて新車の操作を行う状況としても考えて行く必要があり、色々と納車の際の状況に関してもまずはチェック項目を考えて新たに加わった機能に関しても聞いて置けば安心したドライブを行う事となります。

不安な状況のまま運転をする事に関しても、特に新車となれば色々と使用する所がこれまでの車と異なったりするなど、それこそ納車の際に説明をしっかりと受ける事で対応する事となります。

判らない事等をチェック項目としてディーラーの方も伝える事が重要であり、そこもまとめて説明をする中で漏れなく行う必要があります。

シルエットが美しいエスティマ

先月エスティマを購入しました。この車の素晴らしいところはなんといってもシルエットです。上品で美しいラインが気に入っています。マークのデザインもインパクトがあって、クールなデザインが気に入りました。エスティマとの出会いは、今から3年前でした。街中でカッコいい車が走っていると思って、インターネットで検索してみました。どこから見ても美しく、ため息が出てしまいました。機能性にも優れていることを知り、より好きになりました。私は、中古車販売店で購入しました。

同じエスティマでも年式や走行距離で価格はさまざまで、どれも素敵で迷いましたが1番年式の新しいものを選びました。一昨年のモデルで価格もほかのショップより数段に安かったようです。スタッフに、この商品が残っていたのは奇跡に近いと言われました。数時間遅れていたら出会えてなかったかもしれません。エスティマを購入してから家族と出掛ける機会が増えました。子どもが小さいときは、いろいろな場所に遊びに行きましたが、大きくなってからぜんぜん出掛けていませんでした。会話らしい会話もしていませんでしたが、車で出掛けるようになってから自然と会話ができるようになりました。これもすべてエスティマを購入したおかげです。この車は椅子のかたちも座り心地が良いです。

体をやさしく包み込むような感じがします。所々にある収納スペースも使いやすくて、すごく便利です。細かい部分にまで配慮されているなと思います。